リモートコントロールISL Online/アイエスエル・オンライン

ワンタイム+常駐接続で使える
リモートコントロール

ISL Onine製品版、体験版をご利用の方

ログイン

ワンタイム接続用モジュール

その他のプログラム

  オペレーター用 クライアント用

FAQ・マニュアル

メニュー

ISL Onlineを利用したテレワーク(在宅勤務)

「常駐接続」の応用として、社内端末またはサーバーにISL Online 常駐エージェントをインストールし、テレワーカー毎のセキュアなリモートアクセス環境を構築可能です。

短期在宅勤務環境構築フロー

ISL Onlineなら、最短即日で在宅勤務環境を構築できます!

①管理者アカウント作成

ISL Onlineのアカウントをお持ちでない場合は、こちらから作成します。

在宅勤務でのご利用のため複数のユーザーを作成・管理する場合は、ドメインを企業名などの管理しやすい名称へ変更することを推奨しております。

  1. [ユーザー]タブを選択します。
  2. [ドメイン:○○]-[ドメインの設定]-[ドメイン名の変更]を選択します。
  3. [変更後のドメイン名]に任意のドメイン名を入力し、[ドメイン名の変更]を選択します。

以上でドメイン名の変更は完了です。
[ドメイン:○○]に設定したドメイン名が表示されていることを確認してください。

②サイレントインストーラー作成

こちらのページをご参照いただき、ISL Online 常駐エージェント(ISL AlwaysOn)のサイレントインストーラーを作成します。作成時、オンラインページには管理者アカウントでログインします。

③接続先へのインストール

接続先端末でサイレントインストーラーを実行します。資産管理ツールやグループポリシー(Active Directory)を使用することもできます。

④利用者アカウント作成

アカウントページマニュアル P.8-9ページを参照して利用者アカウントを作成します。

在宅勤務でご利用の場合、アカウントページマニュアル P.11-12ページを参照して以下の機能の利用を禁止することをお勧めします。また、IPアドレスやMACアドレスで接続元端末を制限する場合は「フィルタリング」の設定を行います。

・デスクトップ
 -クリップボードの利用
・ファイル転送
 -ファイル受信
 -ファイル送信
・ポート転送※
 -localhost以外へ及びlocalhost以外からのトンネル作成
 -クライアントからのポート転送
 -オペレーターからのポート転送
・プラグイン (Desk&Client)
 -ファイル転送
 -遠隔プリント

※代替接続(RDP接続)を使用する場合は、ポート転送の各設定を「有効」にします。

⑤利用者アカウントと接続先の紐づけ

ISL AlwaysOnのアクション「共有」を使用して、利用者アカウントと接続先端末の紐づけを行います。

管理者アカウントでオンラインページにログイン後、対象となる端末を検索しアクション「共有」を実行して表示される画面から、対象の利用者アカウントを選択して紐づけを行います。

⑥利用者にアカウントとプログラムを提供

利用者にアカウントと利用者用プログラム(ISL Light)を提供します。
こちらからサイレントインストーラーを作成することも可能です。

以上で在宅勤務環境の構築は完了です。
「利用者」の接続操作もとても簡単!たったの3ステップで接続できます!

1. 利用者用プログラム(ISL Light)を起動しログイン
  「ログイン情報を保存」を有効にすれば、次回以降のパスワード入力は省略されます。
2. 接続先のアイコンをクリック
3. アクセスPWを入力し、「接続」ボタンをクリック
  「パスワードを保存する」を有効にすれば次回以降のパスワード入力は省略されます。


PAGETOP