リモートコントロールISL Online/アイエスエル・オンライン

ワンタイム+常駐接続で使える
リモートコントロール

リモートコントロール市場 シェアNo.1

ISL Onine製品版、体験版をご利用の方

ログイン

ワンタイム接続用モジュール

その他のプログラム

  オペレーター用 クライアント用

FAQ・マニュアル

メニュー

常駐接続(ISL AlwaysOn)に関する質問

質問

Q:ISL AlwaysOnを使用した接続が行えません。
Q:サイレントインストールの方法について教えてください。
Q:特定のユーザー、あるいはパソコンからのアクセスを禁止する方法を教えてください。
Q:リモートコンピュータへのアクセス方法を教えてください。

Q:どのユーザーがリモートコンピュータにアクセスできますか。
Q:ISL AlwaysOnを使用した接続の際に時間がかかるのですが。
Q:Wake On LANによる端末の起動が行えません。
Q:コンピュータへのアクセスパスワードはどうやって変更できますか。

Q:ISL AlwaysOnの1台あたりの通信量を教えてください。
Q:複数の端末にインストールされたISL AlwaysOnのバージョンアップを行う方法を教えてください。
Q:ISL AlwaysOnのマスターコピーを作成する手順を教えてください。
Q:接続時、イベントビューアーのシステムログにエラーが表示されるのですが。

Q:端末がサーバーのネットワークから外れた場合、ISL AlwaysOnは再接続を行いますか? NEW

回答

Q: ISL AlwaysOnを使用した接続が行えません。
A: ISL AlwaysOnを使用した接続が行えない場合には、こちらのページをご参照ください。

Q: サイレントインストールの方法について教えてください。
A:
サイレントイントールの手順およびインストーラーの作成方法は、「常駐接続(ISL AlwaysOn)大量導入&アップグレードマニュアル」をご参照ください。
Web上でサイレントインストーラーを作成する場合は、こちらをご参照ください。

Q: 特定のユーザー、あるいはパソコンからのアクセスを禁止する方法を教えてください。
A:フィルタリングの設定方法をご案内いたします。

▼クラウドライセンスの場合

現在ISL AlwaysOnでは、以下の2箇所でフィルタリングの設定が可能です。
【1】プロダクトログインページ
  ⇒『アカウント(ユーザー)』単位でアクセスを制限できます
【2】接続先のコンピューターのISL AlwaysOnの設定画面
  ⇒『端末』単位でアクセスを制限できます

【1】はワンタイム接続および常駐接続、【2】は常駐接続ご利用時に設定が有効となります。また、
【1】と【2】は独立して設定が可能です。設定方法は以下をご参照ください。

設定【1】
設定【2】
 1. ログインページにログインします
(管理者アカウントでログインしてください)
 2. 「ユーザー」をクリックします 
 3. 対象ユーザーの「詳細設定」をクリックします 
 
 4. 「フィルタリング」欄に制限内容を入力します
  (IPアドレスまたはMacアドレスで指定できます)  
 記入例:allow_mac xx-xx-xx-xx-xx-xx
     deny_all

 ※このユーザーは「xx-xx-xx-xx-xx-xx」のMac
  アドレスを持つPCからのみアクセス可能になります

 5. 「保存」をクリックして設定を保存します。
 1. タスクトレイ上のISL AlwaysOnアイコンを
  クリックして設定画面を開きます
 
 2. 「詳細設定」をクリックします
 3. 「フィルタへのアクセスを有効にする」に
   チェックを入れます
 4. 「全てに適用する」欄に制限内容を入力します
  (IPアドレスまたはMacアドレスで指定できます)  
 記入例:allow_ip yyy.yyy.yyy.yyy
     deny_all

 ※このISL AlwaysOn端末は「yyy.yyy.yyy.yyy
  のIPアドレス(グローバルIPアドレス)からのみ
  アクセス可能になります

 5. 「保存」をクリックして設定を保存します。

    ※補足
  • 「ISL AlwaysOn」は接続時に「ISL Light」を呼び出して接続を行います。【1】のフィルタリングは厳密には「ISL Light」の使用を設定 (許可・禁止)するものであるため、【1】でアクセスを禁止した場合には、当該ユーザーはISL Light(ワンタイム接続)もご利用いただけなくなります。

▼オンプレミスライセンスの場合

現在ISL AlwaysOnでは、以下の2箇所でフィルタリングの設定が可能です。
【1】ISL Conference Proxyの管理画面
  ⇒『アカウント(ユーザー)』単位でアクセスを制限できます
【2】接続先のコンピューターのISL AlwaysOnの設定画面
  ⇒『端末』単位でアクセスを制限できます

【1】はワンタイム接続および常駐接続、【2】は常駐接続ご利用時に設定が有効となります。また、
【1】と【2】は独立して設定が可能です。設定方法は以下をご参照ください。

設定【1】
設定【2】
 1. ISL Conference Proxy管理画面にログインします
 2. 「Usermanagement」をクリックします
 3. 対象ユーザーの名前をクリックします 
 
 4. 「ISL Light」画面の「Desk code request
   IP filter:」に設定を入力します
 (IPアドレスまたはMacアドレスで指定できます)
 
 
 記入例:allow_mac xx-xx-xx-xx-xx-xx
     deny_all

(記入例の場合、このユーザーは「xx-xx-xx-xx-
 xx-xx
」のMacアドレスを持つPCからのみ
 アクセス可能になります)

 5. 「保存」をクリックして設定を保存します。
 1. タスクトレイ上のISL AlwaysOnアイコンを
  クリックして設定画面を開きます
 
 2. 「詳細設定」をクリックします
 3. 「フィルタへのアクセスを有効にする」に
   チェックを入れます
 4. 「全てに適用する」欄に制限内容を入力します
  (IPアドレスまたはMacアドレスで指定できます)  
 記入例:allow_ip yyy.yyy.yyy.yyy
     deny_all

(記入例の場合、ISL AlwaysOn端末は
 「yyy.yyy.yyy.yyy」のIPアドレス(※)からのみ
 アクセス可能になります)

 ※サーバーを社内のイントラ環境に設置している場合
  はプライベートIPアドレス、クラウド上に公開して
  いるはグローバルIPアドレスとなります。

 5. 「保存」をクリックして設定を保存します。

    ※補足
  • 「ISL AlwaysOn」は接続時に「ISL Light」を呼び出して接続を行います。【1】のフィルタリングは厳密には「ISL Light」の使用を設定 (許可・禁止)するものであるため、【1】でアクセスを禁止した場合には、当該ユーザーはISL Light(ワンタイム接続)もご利用いただけなくなります。

Q: リモートコンピュータへのアクセス方法を教えてください。
A: ISL AlwaysOnをリモートコンピュータにインストールすると、いつでも、どこからでもリモートコンピュータにアクセスができるようになります。リモートコンピュータにアクセスするには、以下の2つの方法があります。

【その1】 ISL AlwaysOnのメインウィンドウからアクセスする方法

1. システムトレイ(Macの場合はメニューバー)内のISL AlwaysOnのアイコンをクリックして、「メインウィンドウ」を選択します。
2. ISL Onlineのアカウントでログインします(プロダクトログインページと同じユーザー名とパスワードを入力してください)。
3. 接続したい端末の「接続」ボタンをクリックします。




【その2】 プロダクトログインページからアクセスする方法

1. プロダクトログインページにログインします。
▼クラウドライセンスの場合
ログインページ にログイン後、「常駐接続」をクリックします。

▼オンプレミスライセンスの場合
プロダクトログインページ(※)にログイン後、「ISL AlwaysOn」をクリックします。
※プロダクトログインページのURLは、「http://IPアドレス:使用しているポート/」となります。
(例:IPアドレスが[192.168.0.1]、ポート番号が[7615]の場合)
 http://192.168.0.1:7615/

2. 接続したい端末の「接続」ボタンをクリックします
▼クラウドライセンスの場合


▼オンプレミスライセンスの場合


Q: どのユーザーがリモートコンピュータにアクセスできますか。
A: 以下のすべての条件を満たした場合に、リモートコンピュータへアクセスできるようになります。

1. リモートコンピュータにISL AlwaysOnがインストールされている。
2. ISL AlwaysOn上で、そのコンピュータへのアクセスが有効になっている。
3. 任意のISL Onlineアカウントが、そのコンピュータに登録されている。
4. アクセスを許可されたISL Onlineユーザーが、そのコンピュータのアクセスパスワードを知っている。

以上4つの条件のうちの1つでも適合しない場合、ユーザーは当該コンピュータにアクセスできません。

1. コンピュータにISL AlwaysOnがインストールされている。

コンピュータにISL AlwaysOnがインストールされている場合は、システムトレイ内に最小化されたISL AlwaysOnアイコンが表示されます。また、Windowsの場合は、[スタート]>[すべてのプログラム]に「ISL AlwaysOn」のメニューが追加されます。

2. ISL AlwaysOn上で、そのコンピュータへのアクセスが有効になっている。

ISL AlwaysOnの[メインウィンドウ]-画面左上のISL AlwaysOnのプルダウンメニューから[設定]をクリックし、[基本設定]-[コンピューターの状態]内に状態が表示されます。



また、必要に応じてコンピュータへのアクセスを無効にすることもできます。コンピュータへのアクセスを一時的に無効にするには、[コンピューターの状態]から[変更]をクリックし[リモートアクセス]のチェックを外します。

3. 任意のISL Onlineアカウントが、そのコンピュータに登録されている。

ISL AlwaysOnの[メインウィンドウ]-画面左上のISL AlwaysOnのプルダウンメニューから[設定]をクリックし、[基本設定]-[リモートユーザー]内にそのコンピューターに接続可能なアカウント名が表示されます。



ここに表示されているユーザーは、いつでもそのコンピュータにアクセスすることができます。また、特定のユーザーを削除することもできます。特定のユーザーを削除するには、ユーザー名の右側にある歯車マークをクリックして[削除]を選択します。

4. アクセスを許可されたISL Onlineユーザーが、そのコンピュータのアクセスパスワードを知っている。

ISL AlwaysOnをインストールする際は、必ずアクセスパスワードを設定する必要があります。リモートコンピュータにアクセスを行うと、毎回アクセスパスワードの入力が求められます。第三者にアクセス権を与える場合は、アクセスパスワードの取り扱いに注意してください。アクセスパスワードを知らなければ、いかなるユーザもリモートコンピュータにはアクセスできません。

コンピュータへのアクセスパスワードを変更する場合は、アクセス権を与えた他のユーザーにもパスワードを変更したことを通知するようにしてください。


Q: ISL AlwaysOnを使用した接続の際に時間がかかるのですが。
A: ISL AlwaysOnを使用した接続の際に時間がかかる場合には、こちらのページをご参照ください。

Q: Wake On LANによる端末の起動が行えません。
A: Wake On LANによる端末の起動は、対象端末のOSがWindowsの場合にのみ有効です。(対象端末のOSがMacの場合は、スリープモードの解除を行うことができます。)


Wake On LANの詳しい設定方法については、こちらをご参照ください。


システム環境設定で、電源アダプタの「ネットワークアクセスによるスリープ解除」にチェックが入っている必要があります。また、Wake On LANによってスリープモードが解除された後、続けてISL AlwaysOnによる接続を行った場合は、端末のOSの仕様により以下の制限があります。
 ・Mac OS X 10.6 (Snow Leopard) :特に制限はございません
 ・Mac OS X 10.7 (Lion) :エラーメッセージが表示されます。接続を開始することはできません。
 ・Mac OS X 10.8 (Mountain Lion)以降
 :デスクトップ共有機能は利用できません。ファイル転送やファイル共有など、一部機能のみ使用できます。

Q: Q: コンピュータへのアクセスパスワードはどうやって変更できますか。
A: コンピュータのアクセスパスワードを変更するには、ISL AlwaysOnの[メインウィンドウ]-画面左上のISL AlwaysOnのプルダウンメニューから[設定]をクリックし、[基本設定]-[アクセスパスワード]から[パスワード変更]をクリックして、[パスワード入力]ウィンドウ上で新規のパスワードを入力します。



アクセス権を与えた他のユーザーにも、忘れずにパスワードの変更を通知するようにしてください。

Q: ISL AlwaysOnの1台あたりの通信量を教えてください。
A: ISL AlwaysOnの1台あたりの通信量は以下の通りです。

▼ISL AlwaysOn 2.2.3以前の場合
送信量:「平均35bytes/s」
送受信量:「平均70bytes/s」

▼ISL AlwaysOn 2.2.7の場合
送信量:「平均6bytes/s」
送受信量:「平均10bytes/s」

Q: 複数の端末にインストールされたISL AlwaysOnのバージョンアップを行う方法を教えてください。
A: 「常駐接続(ISL AlwaysOn)大量導入&アップグレードマニュアル」の「4. バージョンアップ」をご参照ください。

Q: ISL AlwaysOnのマスターコピーを作成する手順を教えてください。
A: 「常駐接続(ISL AlwaysOn)大量導入&アップグレードマニュアル」の「2. クローニング」をご参照ください(Windowsのみ対応)。

Q: 接続時、イベントビューアーのシステムログにエラーが表示されるのですが。
A: 接続される側の端末のOSが対話型サービスを許可していない場合、システムログ内に「ISL Light Restart&Resume Service サービス」に関するエラーが表示されますが、製品の動作には影響がございません。また、ISL Online製品側では対話型サービスを使用しない設定に変更することはできない点ついてご了承ください。

Q: 端末がサーバーのネットワークから外れた場合、ISL AlwaysOnは再接続を行いますか?
A: はい、ISL AlwaysOnをインストールした端末がサーバーのネットワークから外れた場合、自動的に再接続を行います。なお、対象サーバーへの負荷を分散するため、再接続の間隔は1~300秒の間のランダムなタイミングとなります。また、再接続を行う回数は無制限であり、対象サーバーとの通信が行えている状態では30秒に1度通信を行います。


PAGETOP

他社製品をご利用中の皆様向けの特設ページを公開しました