リモートコントロールISL Online/アイエスエル・オンライン

ワンタイム+常駐接続で使える
リモートコントロール

リモートコントロール市場 シェアNo.1

ISL Onine製品版、体験版をご利用の方

ログイン

ワンタイム接続用モジュール

その他のプログラム

  オペレーター用 クライアント用

FAQ・マニュアル

メニュー

オンプレミスライセンスに関する質問

質問

Q:オンプレミス年間保守ライセンスの更新方法について教えてください。
Q:バージョン毎の保守サポート期限について教えてください。 NEW
Q:デジタル署名付きのプログラムを配布したいのですが。
Q:プロダクトログインページのユーザー名、パスワードが分かりません。

Q:ワンタイム接続の起動ExeのダウンロードURLを教えてください。
Q:無料体験を開始する方法を教えてください。
Q:各種証明書の期限について教えてください。
Q:古いバージョンのISL Conference Proxyのプログラムファイルの入手方法を教えてください。

Q:ISL Conference Proxyのサービス停止時にエラーが表示されます。
Q:件名「authenticode expiry warning」のメールが届きます。解消方法を教えてください。 NEW

回答

Q:オンプレミス年間保守ライセンスの更新方法について教えてください。
A: オンプレミス年間保守ライセンスの更新方法については、こちらをご参照ください。

Q:バージョン毎の保守サポート期限について教えてください。
A: オンプレミスライセンスではバージョン毎に保守サポート終了日が異なります。またISL Conference Proxyのバージョンに合わせてモジュール関連ZIPファイル内に含まれる各製品の保守サポートも終了となります。保守サポート終了日後は、対象バージョンに関する技術的なお問い合わせはお受けできません。

対象バージョン
初回リリース日 保守サポート終了日
ISL Conference Proxy 4.2.10

※各製品のプログラムはモジュール
 ZIPの適用時期に準じます。

2016年10月12日(脆弱性対応)
※Windows:
ISL Light Desk 4.0.5
ISL Light Client 4.0.5のみ
2017年2月1日に追加リリース
未定
※4.2.10インストール前の
 ISL Conference Proxyのバー
 ジョンに準じます。
ISL Conference Proxy 4.2.9
 Win:ISL Light 4.0.4
   ISL Light Desk 4.0.2
   ISL Light Client 4.0.2
   ISL AlwaysOn 2.2.7
   ISL Groop 3.0.3
 Mac:ISL Light 4.0.4
   ISL Light Desk 3.3.5
   ISL Light Client 4.0.4
   ISL AlwaysOn 2.2.7
2016年6月30日
未定
ISL Conference Proxy 4.1.6

※各製品のプログラムはモジュール
 ZIPの適用時期に準じます。

2016年10月12日(脆弱性対応)
未定
※4.1.6インストール前の
 ISL Conference Proxyのバー
 ジョンに準じます。
ISL Conference Proxy 4.1.5
 Win:ISL Light 4.0.2
   ISL Light Desk 3.5.6
   ISL Light Client 3.5.6
   ISL AlwaysOn 2.2.3
   ISL Groop 3.0.3
 Mac:ISL Light 4.0.4
   ISL Light Desk 3.3.5
   ISL Light Client 4.0.4
   ISL AlwaysOn 2.2.3
2015年6月29日
※Mac:ISL Light 4.0.4
 ISL Light Client 4.0.4
 のみ2016年2月29日に
 追加リリース
未定
ISL Conference Proxy 4.1.2
 Win:ISL Light Desk 3.5.5
   ISL AlwaysOn 2.2.3
   ISL Light Client 3.5.5
   ISL Groop 3.0.3
 Mac:ISL Light Desk 3.3.5
   ISL Light Client 3.3.5
   ISL AlwaysOn 2.2.3
2015年3月10日 未定
対象バージョン
初回製品リリース日 保守サポート終了日
ISL Conference Proxy 3.5.9

※各製品のプログラムはモジュール
 ZIPの適用時期に準じます。

2016年10月28日(脆弱性対応) 未定
※3.5.9インストール前の
 ISL Conference Proxyのバー
 ジョンに準じます。
ISL Conference Proxy 3.5.8
 Win:ISL Light Desk 3.5.5
   ISL Light Client 3.5.5
   ISL AlwaysOn 2.2.1
   ISL Groop 3.0.3
 Mac:ISL Light Desk 3.3.3
   ISL Light Client 3.3.3
   ISL AlwaysOn 2.1.1
2014年7月30日 未定
ISL Conference Proxy 3.5.7
 Win:ISL Light Desk 3.5.5
   ISL Light Client 3.5.5
   ISL AlwaysOn 2.2.0
   ISL Groop 2.4.3
 Mac:ISL Light Desk 3.3.3
   ISL Light Client 3.3.3
   ISL AlwaysOn 2.1.1
2014年4月23日 未定
ISL Conference Proxy 3.5.2
 Win:ISL Light Desk 3.5.2
   ISL Light Client 3.5.2
   ISL AlwaysOn 2.1.0
   ISL Groop 2.4.3
 Mac:ISL AlwaysOn 2.1.1
2013年6月24日
※Mac:ISL AlwaysOn 2.1.1
 のみ2013年8月21日に
 追加リリース
未定
対象バージョン
初回製品リリース日 保守サポート終了日
ISL Conference Proxy 3.4.4
 Win:ISL Light Desk 3.4.2
   ISL Light Client 3.4.2
   ISL AlwaysOn 2.0.1
   ISL Groop 2.4.2
 Mac:ISL Light Desk 3.3.3
   ISL Light Client 3.3.3
2013年3月18日 2017年6月30日
ISL Conference Proxy 3.4.4
 Win:ISL Light Desk 3.3.4
   ISL Light Client 3.3.4
   ISL AlwaysOn 2.0.1
   ISL Groop 2.4.2
 Mac:ISL Light Desk 3.3.3
   ISL Light Client 3.3.3
2012年10月15日
※Mac:ISL Light Desk 3.3.3
   ISL Light Client 3.3.3
 のみ2012年12月26日に
 追加リリース
2017年6月30日
ISL Conference Proxy 3.4.0
 Win:ISL Light Desk 3.3.4
   ISL Light Client 3.3.4
   ISL AlwaysOn 2.0.0
2012年1月11日 2017年6月30日
対象バージョン
初回製品リリース日 保守サポート終了日
ISL Conference Proxy 3.3.x 一部のユーザー様にのみご提供 2014年6月30日
ISL Conference Proxy 3.2.x
 Win:ISL Light Desk 3.2.4
   ISL Light Client 3.2.4
   ISL AlwaysOn 1.2.4
2010年4月14日 2014年6月30日
ISL Conference Proxy 3.1.x
 Win:ISL Light Desk 3.1.2
   ISL Light Client 3.1.2
2008年11月20日 2014年6月30日

Q:デジタル署名付きのプログラムを配布したいのですが。
A: バージョン 3.5.2以上のISL Conference Proxyで、「2013年9月19日」以降に生成したライセンスファイルをご利用の場合に自動で付与されます。(体験版のライセンスファイルには付与されません)

▼デジタル署名
ISL Lightなどのプログラム実行時、発行元に「ISL Online Ltd.」が表示されるようになります。


▼適用方法
こちらをご参照の上、ライセンスファイルの入替えを行ってください。

▼適用の確認方法(ISL Light Deskの場合)
1. 下記URLから、ISL Light Deskをダウンロードします
 http://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名:ポート番号)/start/ISLLightDesk
2. ダウンロードしたプログラム上で右クリックし「プロパティ」を選択します
3.「デジタル署名」タブ内の「署名の一覧」に「ISL Online Ltd.」が表示されていることを確認します


※注意事項
・2016年8月23日以降に作成したライセンスファイルを適用している場合:
 有効期限は「2019年8月20日」となります。
・2016年1月14日以降に作成したライセンスファイルを適用している場合:
 有効期限は「2018年1月29日」となります。
・2016年1月13日以前に作成したライセンスファイルを適用している場合:
 有効期限は「2016年8月20日」となります。
・複数年保守にご加入中のユーザー様の環境では、オンプレミスライセンスの保守期間内にデジタル署名の有効期限が切れる場合がありますので、ご利用中のライセンスファイルの期間をご確認ください。
・デジタル署名の有効期限後もプログラムは使用できますが、プログラムのダウンロード時や実行時に以下のような「セキュリティの警告」が表示される場合があります。



▼その他
ISLのデジタル署名は、ISL Conference Proxy管理画面のデフォルトの設定では「Yes(有効)」になっております。デジタル署名を使用したくない場合は、ISL Conference Proxy管理画面上の[Security]-[Use authenticode from license:]のチェックを外し、「No」を選択後、画面右下の「Save」をクリックしてください。

Q:プロダクトログインページのユーザー名、パスワードが分かりません。
A: プロダクトログインページのユーザ名とパスワードはISL Conference Proxyの管理者ページで作成する必要がございます。作成手順については、こちらをご参照ください。

Q:ワンタイム接続の起動ExeのダウンロードURLを教えてください。
A: ワンタイム接続(ISL Light)の起動Exeは以下から取得できます。

Windowsの場合
  • ISL Light Desk/Client 4
    ▼ISL Light Desk <オペレーター用>
     http://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名:ポート番号)/start/ISLLightDesk
    ▼ISL Light Client <クライアント用>
     http://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名:ポート番号)/start/ISLLightClient
  • ISl Light 4
    ▼ISL Light <オペレーター・クライアント共通>
     http://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名:ポート番号)/start/ISLLight

    例:ISL Conference ProxyのIPアドレスが「192.168.0.1」、ポート番号が「7615」の場合
     http://192.168.0.1:7615/start/ISLLightDesk

    ISL Light Desk/Client 4    ISL Light 4

Macの場合
ISl Light 4
▼ISL Light <オペレーター用>
 http://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名:ポート番号)/start/ISLLight
▼ISL Light Client<クライアント用>
 http://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名:ポート番号)/start/ISLLightClient

例:ISL Conference ProxyのIPアドレスが「192.168.0.1」、ポート番号が「7615」の場合
 http://192.168.0.1:7615/start/ISLLightClient


 

Q:無料体験を開始する方法を教えてください。
A: オンプレミスライセンスの無料体験を開始する方法については、こちらをご参照ください。

Q:各種証明書の期限について教えてください。
A: オンプレミスライセンスが使用している各種証明書の期限については以下の通りです。

対象バー
ジョン(*1)
リリース日 デジタル署名(*2) セキュリティ
証明書(*3)
SSLサーバー
証明書(*4)
4.2.9
4.2.10(*8)
2016/6/30 2019/8/20(*7)
2018/1/29(*6)
2028/12/31 2041/3/7
4.1.5 2015/6/29 2016/8/20(*5)
2018/1/29(*6)
2028/12/31 2041/3/7
4.1.2 2015/3/10 2016/8/20(*5)
2018/1/29(*6)
2028/12/31 2041/3/7
3.5.8
3.5.9(*9)
2014/4/23 2016/8/20(*5)
2018/1/29(*6)
2028/12/31 2041/3/7
3.5.7
3.5.9(*9)
2014/4/23 2016/8/20(*5)
2018/1/29(*6)
2028/12/31 2041/3/7
3.5.2
3.5.9(*9)
2013/6/20 2016/8/20 2028/12/31 2033/9/2
3.4.4
3.5.9(*9)
2012/10/15 なし 2028/12/31 2033/9/2
3.4.0
3.5.9(*9)
2012/1/11 なし 2028/12/31 2033/9/2

(*1):ISL Conference Proxyのバージョンに応じた「software.zip」ファイルを適用していることが条件となります。
(*2):デジタル証明書の詳細はこちらのページをご参照ください。「2013年9月19日」以降にライセンスファイルを作成した際の期限です。「2013年9月19日」より前にライセンスファイルを生成した場合、デジタル署名は適用されません。
(*3):ISL Light Deskが暗号化通信を行う際に使用するセキュリティ証明書(X.509証明書)です。有効期限後もプログラムは使用できますが、最新バージョンへのアップグレードを行った上でご利用いただくことをお勧めいたします。「2014年3月3日」以前に環境を構築した場合、こちらのISL Lightを適用する必要があります。ISL Light Clientのセキュリティ証明書期限は「2029年12月19日」です。
(*4):プロダクトログインページとの通信の暗号化に使われるSSLサーバー証明書です(自己署名証明書になります)。プロダクトログインページにポート443でアクセスした場合のみ使用されます(初期値のポート7615を使用した場合、この証明書は使用されません)。有効期限後も暗号化は行われますが、最新バージョンへのアップグレードを行った上でご利用いただくことをお勧めいたします。
(*5):「ISLAlwaysOnCheck」等の一部の実行ファイルの証明書は「タイムスタンプ副署名」を確認してください。現在の有効期限は「2020年12月30日」です。
(*6):2016年1月14日以降に作成したライセンスファイルの証明書期限です。
(*7):2016年8月23日以降に作成したライセンスファイルの証明書期限です。

(*8):4.2.10インストール前のISL Conference Proxyのバージョンに準じます。

(*9):3.5.9インストール前のISL Conference Proxyのバージョンに準じます。

Q:古いバージョンのISL Conference Proxyのプログラムファイルの入手方法を教えてください。
A: こちらのページからダウンロードしてください。


Q: ISL Conference Proxyのサービス停止時にエラーが表示されます。
A: ISL Conference Proxy 4.1.2を使用している場合、サービスの停止時に以下のようなエラーが出ることがあります。 当該エラーについては、サービスの停止及び製品の動作には特に影響がございませんので、[OK]をクリックしてください。


Q:件名「authenticode expiry warning」のメールが届きます。解消方法を教えてください。
A: ISL Conference Proxyのサーバーから以下の通知メールが届く場合がございます。

 タイトル:[ISL CP]authenticode expiry warning
 本文:Authenticode will expire on 20XX-XX-XX ※

※2016年1月14日より前にライセンスファイルを作成している場合は「2016-08-20」

この通知メールはISL Conference Proxyのサーバーから自動送信されるもので、ご利用中のライセンスファイル内に含まれるコードサイニング証明書の期限が近付いていることをお知らせしています。
(有効期限後もプログラムは使用できますが、プログラムのダウンロード時にセキュリティの警告が表示される場合があります。)


証明書の期限を更新するには、改めてライセンスファイルを作成してサーバーに適用する必要がございます。ライセンスファイルの作成および適用手順は こちらをご参照ください。


PAGETOP

他社製品をご利用中の皆様向けの特設ページを公開しました