リモートコントロールISL Online/アイエスエル・オンライン

ワンタイム+常駐接続で使える
リモートコントロール

リモートコントロール市場 シェアNo.1

ISL Onine製品版、体験版をご利用の方

ログイン

ワンタイム接続用モジュール

その他のプログラム

  オペレーター用 クライアント用

FAQ・マニュアル

メニュー

ワンタイム接続(ISL Light)に関する質問

質 問

Q:画面共有後の描画速度が遅い場合の対応方法を教えてください。

回 答

  1. 接続している端末の通信速度について確認する

    ISL Lightは56Kbps以上の回線速度があれば利用することは可能ですが、快適な状態でご利用いただくためには、1Mbps以上の回線速度が推奨されます。そのため、ISL Online製品を使用する端末の回線速度が1Mbps以上であることをご確認ください。

    回線速度については、以下のサイトなどでご確認ください。
    「スピードテスト | USENの回線速度測定」
    ※リンクをクリックすると弊社以外のサイトにアクセスします

    なお、無線LANを使用した通信を行っている場合は、回線速度が安定しない影響も考えられますので、画面共有の描画速度を安定した環境で使用したい場合には、有線LANの利用についてご検討ください。
  2. ハードウェアアクセラレーション機能を一時的に無効にする

    ハードウェアアクセラレーションを実行する一部のIntel製オンボードグラフィックが搭載された端末でISL Lightを使用すると、デスクトップ共有時のパフォーマンスが著しく低下する現象が見つかったため、ISL Light Desk側でグラフィックボードのハードウェアアクセラレーション機能を一時的に無効にする設定を行った上で、画面共有の描画速度についてご確認ください。

    設定方法は以下の通りです。
    1. ISL Light Desk側の設定ボタンをクリックする


    2. [デスクトップ共有]を選択して、「ハードウェアアクセラレーションを制御する」にチェックを入れる


    3. 一度画面共有を切った上で、再度画面共有を行う

  3. 接続対象端末のハードウェアアクセラレータを無効にする

    一部の端末では接続対象端末のハードウェアアクセラレータを無効にすることで、画面描画速度が改善されたことを確認しております。

    設定方法は以下の通りです。
    1. デスクトップ上で右クリックする
    2. 「Windows 7の場合」:[画面の解像度]-[詳細設定]を選択する
      「Windows Vista, Server 2008の場合」:[個人設定]-[画像の設定]-[詳細設定]を選択する
      「Windows XP, Server 2003の場合」:[プロパティ]-[設定]タブ-[詳細設定]を選択する
    3. [トラブルシューティング]タブを選択する
      (一部のOSでは、[トラブルシューティング]タブの選択後、[設定の変更]ボタンを選択する)
    4. [ハードウェアアクセラレータ]のメモリを一番左(なし)に移動させ、[OK]ボタンを選択する
    5. 端末の再起動を行う


    ※ハードウェアアクセラレータを無効にすると、画面描画がハードウェアによる制御から、CPUを使用した制御に変わります。なお、本操作を行った場合、音声・映像関連のソフトウェアを使用した際に影響が出る可能性がございますが、弊社では責任を負いかねますことをご了承ください。
  4. ポート443または80で通信を行うISL Lightを使用して接続を行った際の状態を確認する

    一部の環境ではISL Lightが接続時に使用するポート(7615,443,80のいずれか)のポート7615に対する通信量の制限がかけられている場合があるため、通常制限がかかることのないポート443または80のみを使用するISL Lightにて接続を行い、画面共有の描画速度に変更があるかどうかについてご確認ください。

    【クラウドライセンスの場合】
    使用するポートを限定したISL Lightは、こちらから利用可能です。

    【オンプレミスライセンスの場合】
    ▼ポート443のみ使用するISL Light Desk
    http://"IPアドレス:443"/start/ISLLightDesk?__ISL+Light__port=443&__ISL+Network+Start__port=443&__ISL+Light__use_http=0&__ISL+Network+Start__use_http=0

    ▼ポート443のみ使用するISL Light Client
    http://"IPアドレス:443"/start/ISLLightClient?__ISL+Light__port=443&__ISL+Network+Start__port=443&__ISL+Light__use_http=0&__ISL+Network+Start__use_http=0

    ▼ポート80のみ使用するISL Light Desk
    http://"IPアドレス:80"/start/ISLLightDesk?__ISL+Light__port=80&__ISL+Network+Start__port=80&__ISL+Light__use_https=0&__ISL+Network+Start__use_https=0

    ▼ポート80のみ使用するISL Light Client
    http://"IPアドレス:80"/start/ISLLightClient?__ISL+Light__port=80&__ISL+Network+Start__port=80&__ISL+Light__use_https=0&__ISL+Network+Start__use_https=0
  5. 接続テストプログラムを使用して、最適な通信方式を選択する

    以下の手順で、ご利用の環境とISL Onlineサーバーとのデータ転送速度を計測し、最適な通信方式を選択することができます。

    1. 接続テストプログラムをダウンロードして実行する
     【パブリッククラウドライセンスの場合】
      こちらからダウンロードします
     【オンプレミスライセンスの場合】
      以下のリンクからダウンロードします
      「http://(サーバーのIPアドレスまたはホスト名:ポート番号)/download/ConnectionTester」

    2. [接続オプション]をクリックする(終了まで数分かかる場合があります)
    3. 画面下部にて"speed"の値が一番大きい結果のリンク(force=...)をクリックする
    4. [Save]をクリックする

  6. PCのセキュリティソフトをオフにした状態でISL Lightを使用して接続を行った際の状態を確認する

    セキュリティソフトに特定の設定が行われた環境ではISL Lightによる通信が有害なソフト(例:ファイル共有ソフトなど)を使用した通信と判断し、設定によっては通信量が制限された状態になる場合がございます。

    そのため、セキュリティソフトの設定をオフにした状態でISL Lightによる接続を行っていただき、オフにすることで画面共有の描画速度が早くなった場合には、セキュリティソフトの設定が画面共有速度の低下を招く原因として考えられますので、設定の見直しを行ってください。

    なお、一部のセキュリティソフトではISL Onlineの実行プログラムを有害なソフトウェアと誤って検知する場合がございますので、そのような場合には、セキュリティソフトの監視対象から以下のフォルダを除外してください。

    ▼Windows XP, Server 2003の場合
    C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Application Data\ISL Online Cache

    ▼Windows Vista, 7, Server 2008の場合
    C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\ISL Online Cache
    ※ユーザ名はお客様によって異なります
  7. 資産管理ツールやフィルタリングソフトなどを利用している環境の場合には、それらをオフにした状態もしくは設定を見直した上で、画面共有の描画速度が早くなるかどうか確認する。

    上記3の内容と同様にセキュリティソフト以外にも資産管理ツールやフィルタリングソフトによる接続制限がISL Lightの画面共有速度が遅い原因である可能性がございます。

    そのため、ご利用の環境内で資産管理ツールやフィルタリングソフトをご利用されている場合には、オフにした状態での接続をお試しください。
  8. 同様のネットワーク環境上にある他のPCも画面共有の描画速度が遅いのかどうか確認する

    他のPCでISL Online製品を使用した際に、画面共有の描画速度が早い場合には、当該PCのみの設定の影響が考えられますので、特別な設定を行っていないかどうか確認を行ってください。
  9. 上記の内容を行っても問題が解決しない場合には、ISL Lightのログファイルと接続テストプログラムの接続オプションのログファイルを添付して、以下のメールアドレスまでお問い合わせください。また、以下の情報を記載していただくことにより、問題の解決までの時間が早くなる可能性がございますので可能な限り記載していただきたく存じます。

▼ISL Lightのログファイルの取得方法
1. ISL Lightの設定ダイアログを開き、一般タブ内の「ログ」をクリックする
2. ログファイル(「ISLDesk.out」および「ISLClient.out」)を任意の場所に保存する
※ISL Light Desk、ISL Light Client双方のログファイルの取得をお願いいたします

サポート問い合わせ窓口に関する箇所はこちら


PAGETOP

他社製品をご利用中の皆様向けの特設ページを公開しました