リモートコントロールISL Online/アイエスエル・オンライン

ワンタイム+常駐接続で使える
リモートコントロール

リモートコントロール市場 シェアNo.1

ISL Onine製品版、体験版をご利用の方

ログイン

ワンタイム接続用モジュール

その他のプログラム

  オペレーター用 クライアント用

FAQ・マニュアル

メニュー

ISL Light 4.0.2 (2015.6.29)

Windows

新機能(初回リリース)

  • 従来のLight(3.X)と比べ、接続までの時間が短くなりました。
  • UIおよび接続後の画面デザインが一新されました。
  • ISL Light 4をインストールして利用できるようになりました。
  • Light 4のUIからワンタイム接続、常駐接続の両方が利用できるようになりました。
  • Light 4のUI上でセッションの停止・一時停止・再開ができるようになりました。
  • Light 4のUI上で常駐接続のアクセスパスワードが保存できるようになりました。
  • 共有画面上にファイルをドラッグ&ドロップしてファイル転送が実行できるようになりました。
  • 接続先のシステム情報が簡単に取得できるようになりました。

制限事項

  • ビデオチャットおよび音声チャットには対応していません。
  • 設定内の[基本設定] > [デスクトップ共有中にローカルユーザーの入力を禁止する]は利用できません。(2016.4.12追記)
  • 設定内の「詳細設定」は利用できません。
  • クライアントがISL Light 4を使用している場合、管理者モードは利用できません。
  • ISL Light 4から接続した場合は、常駐接続(ISL AlwaysOn)のMACアドレスによるアクセスフィルタ条件は適用されません。(2015.11.5追記)
  • ISL Light 4から接続した場合は、マイアカウントページのユーザー > 詳細設定 > フィルタリングによるアクセスフィルタ条件は適用されません。
  • ファイル転送によるファイル(フォルダ)の「置き換え」はクライアントがMac PCの場合はご利用いただけません。(2016.1.30追記)
  • ヘルプデスクを使用してMac端末にデスクトップ共有を行った場合、Mac端末の壁紙機能は無効になります。(壁紙を表示する場合はデスクトップ共有後にMac端末の壁紙を手動で有効にしてください) (2015.11.1追記)
  • オペレータPCのOSがWindows 8、8.1、10で、かつ管理者権限(またはAdministrator権限に昇格したグループのメンバー)でログインしていた場合は、常駐接続を行った際にデスクトップ共有開始直後に自動で「管理者モード」および「セッション再接続」が有効になります。 (2015.8.17追記)
  • 接続先のOSがWindows 8、8.1、10の場合は「Ctrl」+「Esc」のショートカットでフルスクリーンを実行した際に、接続先の画面がモダンUIに切り替わります。 (2015.8.17追記)
  • ブラックスクリーンはWindows 8、8.1、10、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2には対応しておりません。 (2015.8.17追記)
  • Windows 8、8.1、10、Windows Server 2012R2では、デスクトップ以外(モダンUI上など)に共有画面のメニューやツール実行後のウィンドウを表示することはできません (ヘルプデスクの各ツールを使用する場合は、デスクトップ画面から実行してください。) (2015.8.17追記)
  • 接続先のPCがMacの場合は、[ツールバー] > [クリップボード]の機能はご利用いただけません。 (2016.1.30追記)
  • 常駐接続のアクセスパスワードの入力に制限回数はございません。(メッセージが表示されますが続けて入力できます)
  • Windowsリモートデスクトップで接続中の端末に接続した場合、「セッション再接続を有効にする」はご利用いただけません。 (2016.1.30追記)
  • クライアントがMac(ISL Light 4.0.4あるいはISL AlwaysOn 2.2.3を利用中)の場合、ファイル転送で送信した「フォルダ」はゴミ箱に移動できません。(2016.2.29追記)
  • ファイル転送によるフォルダ(フォルダ内のファイル)の「置き換え」はクライアントがMacの場合はご利用いただけません。(2016.2.29追記)
  • セッション転送はセッションの転送先がMacの場合ご利用いただけません。(2016.2.29追記)
  • セッションの転送先がWindowsの場合、起動するオペレータ用のモジュール(ISL Light Desk.exe)はISL Light 3.5.6となります。(2016.2.29追記)
  • [システム情報] > [開く]の機能はクライアントがISL Light 3.5.6またはISL Light 3.3.5を使用している場合はご利用いただけません。(2016.2.29追記)
  • [システム情報] > [ログ(Client)]の機能はクライアントがISL Light 3.3.5を使用している場合はご利用いただけません。(2016.2.29追記)
  • メッセージの一部に英語が表示されます。

  • ※補足
     ISL Light 4の常駐接続の仕様は、インストールしているISL AlwaysOnに準拠します。
     ISL Light 4の常駐接続の制限事項については、ISL AlwaysOnの各バージョンの制限事項をご参照ください。
PAGETOP