リモートコントロールISL Online/アイエスエル・オンライン

ワンタイム+常駐接続で使える
リモートコントロール

リモートコントロール市場 シェアNo.1

ISL Onine製品版、体験版をご利用の方

ログイン

ワンタイム接続用モジュール

その他のプログラム

  オペレーター用 クライアント用

オンプレミスライセンスの豊富なセキュリティ関連機能

オンプレミスライセンスにおける3つの管理階層

オンプレミスライセンスにおける制限設定は、サーバー、ドメイン、ユーザーのそれぞれの管理階層ごとに規定することができます。 階層ごとに、アカウント管理制限、プログラム管理制限、利用履歴管理制限を規定できるため、管理しやすいセキュリティ制限を規定することができます。※
※パブリッククラウドライセンスではユーザーの制限のみです。


オンプレミスライセンスにおけるセキュリティ関連機能

オンプレミスライセンスには、様々なセキュリティ関連機能が用意されています。

1.アカウント利用開始と終了時期設定

アカウントの利用開始または終了の設定は、特定期間に参加するユーザー(例えば、臨時的に追加されたユーザースタッフ)のアカウント作成時に活用できます。 制限範囲は、サーバー全体・グループ単位・アカウント単位で、利用開始時期と終了時期を規定できます。


2. アカウントパスワード自動リセット

アカウントパスワードをサーバー全体・グループ単位・アカウント単位で、定期的に自動で無効化することができます。
アカウント管理のセキュリティレベルを高く保持するために活用できます。

3. パスワード複雑化

ユーザーが設定するアカウントパスワードを、最小文字数や特殊記号などを管理者側が指定し、より複雑なパスワードにすることを規定できます。


4. プログラム利用禁止

ISL Onlineの利用可能な機能を、サーバー全体・グループ単位・アカウント単位で規定できます。


5. プログラムバージョン指定

使用可能なプログラムバージョンを、特定グループ単位に指定することができます。例えば、最新版プログラムを利用者に提供する前にテストグループのみで事前に確認することができます。


6. ファイル転送の禁止(双方向/片道)

ファイル転送機能を利用して、接続中にファイルを転送したり受け取ったりすることができます。
セキュリティの観点から、ファイル転送機能そのものを禁止することも、利便性も考慮して受取方向のみ禁止することも設定できます。


7. IP/MACアドレスでの利用規制

アカウント管理機能によりオペレーターのISL Online利用をIPアドレス・MACアドレスで制限できます。 オンプレミスライセンスでは、オペレーター側だけではなく、クライアント側の利用も規定範囲に組み込むことができます。


8. 自動レコーディング

画面共有した内容を自動でレコーディングし、指定先に保存設定が可能です。
グループ単位・アカウント単位で設定が可能で、ISLプログラムを利用するオペレーターが意識することなく、操作内容やテキスト・音声・ビデオチャット情報を管理者サイドで管理可能です。



お問い合わせ

オンプレミスライセンスに関するご質問はこちらからお問い合わせください。

オンプレミスライセンスに関するお問い合わせ
PAGETOP

他社製品をご利用中の皆様向けの特設ページを公開しました