リモートコントロールISL Online/アイエスエル・オンライン

ワンタイム+常駐接続で使える
リモートコントロール

リモートコントロール市場 シェアNo.1

ISL Onine製品版、体験版をご利用の方

ログイン

ワンタイム接続用モジュール

その他のプログラム

  オペレーター用 クライアント用

FAQ・マニュアル

メニュー

クラウドライセンスの利用方法

ISL Onlineは、ワンタイム、常駐、Web会議のすべての製品が「1ライセンス」でご利用いただけます。
製品をご利用いただくには、ISL Onlineアカウントが必要です。
ISL Onlineアカウントをお持ちでない場合は、こちらを参照して体験版をご登録ください。

それぞれの製品の簡単な使い方をご紹介いたします。

ワンタイム接続の使い方

接続する側

1. 製品のTOPページにアクセスします。

2. 画面右上のボタンをクリックして、
 起動用のExeを実行します。
 

3. ログイン画面が表示されます。
 ISL Onlineのアカウント
(ID、パスワード)を入力します。
 

 セッションコードが表示されます。
 クライアントに連絡します。
 

4.「開始」をクリックした後、
 「見る」をクリックします。
 

 5. デスクトップ共有が開始されます。
 

接続される側

1. 製品のTOPページにアクセスします。

2. 画面右上のボタンをクリックして、
 起動用のExeを実行します。
 

3. メインウィンドウが開きます。
 セッションコードを入力して
 「参加する」をクリックします。
 

4. オペレーターの操作を待ちます。

5. デスクトップ共有が開始されます。
 

常駐接続(ISL AlwaysOn)の使い方

接続される側

接続される側の端末には、あらかじめISL AlwaysOnがインストールされている必要があります。
以下の手順でインストールを行ってください。
(既にインストールしている場合は、手順5以降をご参照ください)

1. オンラインページにログインします。

2. 「常駐接続」タブを選択して、「このコンピューターを追加する」ボタンをクリックします。
(クリックすると、ISL AlwaysOnのインストーラーのダウンロードを開始します)
 

3. ISL AlwaysOnのインストーラーを実行します。(設定は特にございません)
 

4. インストール終了後、端末にアクセスするためのパスワードの入力が求められます。
 パスワードを設定し、「アクセス許可」をクリックします。
 

5.「常駐接続」画面上にインストールを行った端末が表示されます。
 接続先の端末が「オンライン」の状態で、「接続」ボタンが表示されていることを確認します。
 

 ※インストール後、反映されるまで、2~3分かかる場合がございます。
 ※2~3分経過しても端末が表示されない場合は、以下をお試しください。
  ・ブラウザのページ(常駐接続の画面)を更新してください。
  ・セキュリティソフトをオフにしてください

接続する側

1.「ISL Light」をダウンロードして起動します。(インストールしてご利用いただくこともできます)
 http://www.islonline.net/start/ISLLight

2. ログインして「常駐」タブを選択すると、ダッシュボード(クライアント一覧)が表示されます。
 「オンライン」状態の端末に対して接続を行うことができます。
 

3. 接続先(クライアント)の行をクリックして、アクセスパスワードを入力します。
 

4.「接続」をクリックすると、クライアントに接続を開始します。
 





Web会議(ISL Groop)の使い方

デスクトップ画面やファイルを複数のユーザー間で共有できます。
1ライセンスにつき、最大「PC10台」まで参加可できます。

会議を主催する側

1. オンラインページにログインします。
2.「Web会議」タブを選択します。
3.「新規Web会議を追加する」または「新規Webセミナーを追加する」をクリックします。
 
4. 会議(Webセミナー)の名前を入力し、「作成」をクリックします。
 
 会議の参加者に通知する場合は、招待メールに送信先を入力して送信します。
(そのまますぐ会議を開始する場合は「キャンセル」をクリックします。)
 
5. 開催した会議の「セッションコード」あるいは「参加URL」を参加者に伝えます。

参加する側

PAGETOP