リモートコントロールISL Online/アイエスエル・オンライン

ワンタイム+常駐接続で使える
リモートコントロール

リモートコントロール市場 シェアNo.1

ISL Onine製品版、体験版をご利用の方

ログイン

ワンタイム接続用モジュール

その他のプログラム

  オペレーター用 クライアント用

FAQ・マニュアル

メニュー

ISL Light Desk/Client 3のカスタマイズ(Windows)

ISL Light Desk/Client 3は、カスタマイズによって様々な機能をご利用いただくことができます。
※ISL Light Desk/Client 4のカスタマイズについては、こちらのページをご参照ください。
※Mac版ISL Light Desk/Clientのカスタマイズについては、こちらのページをご参照ください。

以下に一例をご紹介いたします。
・ロゴの変更
・画面共有の確認する画面のスキップ
・画面を「見るだけ」モード
・使用するポートを変更したISL Light
・自動レコーディング

なお、こちらのページで、ISL LightのURLカスタマイズを自動で作成することができます。

ロゴの変更

プログラム上のロゴを変更できます。

ロゴ変更の例:

※サンプル(ロゴを変更したISL Light Desk)
http://www.islonline.net/start/ISLLightDesk?version=3.5.6&cmdline=--on-load+%22main?logo=http://www.oceanbridge.jp/isl/islsample.bmp%22

[設定方法](クラウドライセンスの場合)
カスタマイズを行う際は以下のURLをテキストエディタなどにコピーし、「LOGO-URL」の箇所をウェブサーバ上に置かれたロゴ画像のURLに変更してください。(※ロゴ画像条件は80×80 ピクセル以内、ビットマップ形式のみです)

▼ISL Light Desk(オペレーター用)
http://www.islonline.net/start/ISLLightDesk?version=3.5.6&cmdline=--on-load+%22main?logo=LOGO-URL%22

▼ISL Light Client(クライアント用)
http://www.islonline.net/start/ISLLightClient?version=3.5.6&cmdline=--on-load+%22main?logo=LOGO-URL%22


        ↓

[設定方法](オンプレミスライセンスの場合)

1. ISL Conference Proxy管理画面の[Configuration]から[Customize]を選択します
2. [Create new customization]を選択します
3. [Customization name]に任意の名前を入力し、[Use custmization by default]の「enabled」にチェックを入れます
4. [Logo image]欄の[upload..]をクリックし、[参照]からロゴ画像(80×80 ピクセル以内、bmp形式のみ)を選択します
5. 画面下の[Save]をクリックして、設定を保存します

画面共有を確認する画面のスキップ

クライアントが以下のプログラムを使用するとセッションコードの入力後、クライアントの確認を行わず、直接デスクトップ共有モードに移すことができます。

▼画面共有をスキップするISL Light Client<クライアント用>
http://www.islonline.net/start/ISLLightClient?version=3.5.6&cmdline=--on-connect+%22desktop%3Fshow%26control%22

サポートサイトなどにリモートサポート使用同意ボタンを作成し、上記URLのリンクを貼ることで、画面共有を確認する画面をスキップした状態でリモート作業が行えます。

※クライアント端末のUACの設定がオンになっている場合は、画面共有の確認画面はスキップされますが、UACの確認画面が表示されます。必要に応じてUACの設定をオフにしてください。


なお、お客様のホームページ内に以下のJavaScriptとhtmlを挿入すると、このカスタマイズが組み込まれたテキストボックスとボタンを作成することができます。挿入する内容は以下の通りです。

【JavaScript】

<script type="text/javascript">
<!--
function get_client()
{
location.href = "http://www.islonline.net/start/ISLLightClient?version=3.5.6&cmdline=--on-connect+%22desktop%3Fshow%26control%22--connect+" + form.session_code.value;
}
// -->
</script>

【html】

<form name="form">
セッションコードを入力して「接続」ボタンをクリック:
<input type=text name="session_code" value="" size="9">
<input type="button" value="接続" onclick="get_client()">
</form>

【参考】カスタマイズの例

  セッションコードを入力して「接続」ボタンをクリック: 

画面を「見るだけ」モード

以下の2つの実行ファイルの組み合わせで、画面を見るだけで操作はできない画面共有を実現できます。

▼「見るだけモード」のISL Light Desk <オペレーター用>
http://www.islonline.net/start/ISLLightDesk?version=3.5.6&cmdline=--on-connect+desktop?control=disable

▼「見るだけモード」のISL Light Client <クライアント用>
http://www.islonline.net/start/ISLLightClient?version=3.5.6&cmdline=--on-connect+desktop?control=disable

使用するポートを変更したISL Light

使用するポートを変更することが可能です。このカスタマイズを使用すると、既定のポートである7615が使用出来ない環境や、一部のプロキシ環境でISL Lightを実行した際に、接続時の処理が早くなる場合があります。

ISL Light Desk <オペレーター用>
▼ポート443のみ使用
http://www.islonline.net/start/ISLLightDesk?version=3.5.6&__ISL+Light__port=443&__ISL+Network+Start__port=443&__ISL+Light__use_http=0&__ISL+Network+Start__use_http=0

▼ポート80のみ使用
http://www.islonline.net/start/ISLLightDesk?version=3.5.6&__ISL+Light__port=80&__ISL+Network+Start__port=80&__ISL+Light__use_https=0&__ISL+Network+Start__use_https=0

▼ポート443→80の順で使用
http://www.islonline.net/start/ISLLightDesk?version=3.5.6&__ISL+Light__port=443&__ISL+Network+Start__port=443

▼ポート80→443の順で使用
http://www.islonline.net/start/ISLLightDesk?version=3.5.6&__ISL+Light__port=80&__ISL+Network+Start__port=80


ISL Light Client <クライアント用>
▼ポート443のみ使用
http://www.islonline.net/start/ISLLightClient?version=3.5.6&__ISL+Light__port=443&__ISL+Network+Start__port=443&__ISL+Light__use_http=0&__ISL+Network+Start__use_http=0

▼ポート80のみ使用
http://www.islonline.net/start/ISLLightClient?version=3.5.6&__ISL+Light__port=80&__ISL+Network+Start__port=80&__ISL+Light__use_https=0&__ISL+Network+Start__use_https=0

▼ポート443→80の順で使用
http://www.islonline.net/start/ISLLightClient?version=3.5.6&__ISL+Light__port=443&__ISL+Network+Start__port=443

▼ポート80→443の順で使用
http://www.islonline.net/start/ISLLightClient?version=3.5.6&__ISL+Light__port=80&__ISL+Network+Start__port=80

自動レコーディング

画面共有を開始した段階で自動的に録画を行うことができます。
自動レコーディングには、以下のようなオプションがあります。
(※自動レコーディングのカスタマイズをご利用になるには、ISL Light Client(接続される側)で「画面共有を確認する画面のスキップ」を使う必要があります)

▼オプション1 画面共有開始後、相手画面上に確認画面を表示する
http://www.islonline.net/start/ISLLightDesk?version=3.5.6&cmdline=--on-connect+%22recording?record%22

※確認画面

▼オプション2 画面共有開始後、相手画面上に確認画面を表示せずに録画を開始する
http://www.islonline.net/start/ISLLightDesk?version=3.5.6&cmdline=--on-connect+%22recording?record=silent%22

▼オプション3 接続する側でレコーディングの停止ができない状態(※)にする
例:オプション2の状態で録画を開始した後、接続する側でレコーディングの停止ができない状態にする
http://www.islonline.net/start/ISLLightDesk?version=3.5.6&cmdline=--on-connect+%22recording?record=silent%26allow_stop=false%22

※レコーディングの停止ができない状態

▼オプション4 録画ファイルを任意の場所に保存する
上記オプション1~3と組み合わせて使用します。
例:オプション3の状態で録画を開始した後、録画ファイルを接続する側の「C:\sample\isl」に保存する場合
http://www.islonline.net/start/ISLLightDesk?version=3.5.6&cmdline=--on-connect+%22recording?record=silent%26allow_stop=false%26location=C:\sample\isl%22


PAGETOP

他社製品をご利用中の皆様向けの特設ページを公開しました