リモートコントロールISL Online/アイエスエル・オンライン

ワンタイム+常駐接続で使える
リモートコントロール

リモートコントロール市場 シェアNo.1

ISL Onine製品版、体験版をご利用の方

ログイン

ワンタイム接続用モジュール

その他のプログラム

  オペレーター用 クライアント用

Light Desk/Client 4

メニュー

ISL Light Desk/Client 3との動作比較(Windows)

ISL Light Desk/Clientを使用して、デスクトップ共有を開始する手順をご案内いたします。

※補足
ISL Light Desk/Client 4は下位互換性を備えているため、オペレーター、クライアントがこれまでのバージョン(ISL Light Desk/Client 3)であっても問題なくご利用いただけます。

ISL Light Desk/Client 3 の場合

1. 製品のTOPページにアクセスします。

2. 画面右上のボタンをクリックして、
 起動用のExeを実行します。

 ▼オペレーター用
  

 ▼クライアント用
  

3. メインウィンドウが開きます。

▼オペレーター
 ログイン後、セッションコードを取得
 してクライアントに連絡します。
 




▼クライアント
 セッションコードを入力して
 「接続」をクリックします。
 





4. デスクトップ共有を要求します
 


5. クライアント側に通知が届きます。
 「見せる」許可を行います。
 




6. デスクトップ共有が開始されます。
 

ISL Light Desk/Client 4 の場合

1. 製品のTOPページにアクセスします。

2. 画面右上のボタンをクリックして、
 起動用のExeを実行します。

 ▼オペレーター用
  

 ▼クライアント用
  

3. メインウィンドウが開きます。

▼オペレーター
 ログイン後、セッションコードを取得
 してクライアントに連絡します。
 
 
▼クライアント
 セッションコードを入力して
 「参加する」をクリックします。
 

4. デスクトップ共有を要求します。
 


5. デスクトップ共有が開始されます。
 ※初期設定ではクライアントの許可は不要です。
 


PAGETOP

他社製品をご利用中の皆様向けの特設ページを公開しました